• HOME
  • hacobizとは
  • 形状による分類
  • 製造方法による分類
  • お客様の声
  • 箱作りの流れ
  • 箱作りポイント
  • お問い合わせ

プライバシーポリシー

1.見積りをご依頼いただく前に

印刷物はデータの状態から最終的にお手元に届く製品になるまで、様々な工程を経て作り上げられます。また同じ「印刷」「型抜き」と言った工程でも、使用する機械によってコストは異なります。

たくさんのお問い合わせをいただく中で、見積りに必要な情報が記載されていなければ、お客様がお求めになっている印刷物と違ったものの見積りができてしまったり、見積り自体が出せないということになり、そうした情報を再度やり取りさせていただくことになります。

こちらのページでは印刷物の見積りを算出するために必要な情報を掲載しておりますので、事前に内容をご確認いただければ幸いです。

2.見積りに必要な情報とは

詳細な条件が決まっておらず、概要が知りたい場合は

  •  印刷するか無地で良いか。フルカラーか、モノクロか。
  •  製品のサイズは決まっているか。
  •  冊子ものの場合、ページ数はどのくらいか。
  •  数量はどのくらいか。
  •  印刷する紙は決まっているか(お任せで見積りすることも可能です)。

こうした情報が決まっていれば、ある程度概算でお見積りを算出することは可能です。もちろん、「耐水性をつけたい」という場合は表面加工を追加したり、耐水性のある紙に印刷したりするなど、色々な方法を検討することもできます。

細かな情報を元に正確な見積りを手に入れたいという場合は、そうした内容をお問い合わせフォームにいただくか、お電話にてお問い合わせいただければ幸いです。

3.オリジナルパッケージの見積りを依頼する際の注意点

オリジナルのパッケージは既製品と違い、小ロットで作る場合に1つあたりのコストが高くなってしまいます。これは印刷されたパッケージの図面を抜く際に、その展開図の形に作成された抜型を作る必要があるからです。抜型は1つ作るのにも1万円から形状によっては5万円・10万円となることもあります。そのため、同じパッケージでも10個作る場合と1,000個作る場合だと、1,000個作るほうがパッケージ1つあたりにかかる抜型のコストが安くなるのです。
既製品のパッケージはこの抜型のコストを不要としている会社が多いのですが、オリジナルでパッケージを作る場合は1から抜型を作る必要があるので、どうしてもコストが発生してしまいます。ある程度、数量に幅を持たせた見積りをもらうことで、抜型のコストと比較して検討することができます。